岡山県シニアテニス連盟 規約

 

第一章  総則

(名称・事務所)

第1条  本連盟は特定非営利活動法人 日本シニアテニス連盟(以下本部と云う)に所属し、

岡山県シニアテニス連盟(以下本会と云う)と称し、事務所を理事長宅に置く。

(目的)

第2条  本会はテニスを中心として、会員相互の親睦と健康増進をはかり、シニアライフの充実を目指す。

(事業)

3条 本会はその目的を達成する為に次の事業を行う。

(1)テニス大会の開催

(2)その他本会の目的を達成する為に必要な事業

第二章  会員

(会員・組織)

第4条  前条の目的に賛同する60才以上の男性並びに50才以上の女性で、本部に登録・

加盟し、本会会費を納入した者で組織する。

第三章  役員

(役員)

5条  本会に次の役員を置く。

会長 1名  副会長 1名  理事長 1名  副理事長 1名 

理事 必要名  幹事 (会計)1名 会計監査1名

(役員の選出・選任と任務)

6条  各役員の選出・選任と任務については次のとおりとする。

      (1)会長は総会において選出し、本会を統括する。 

      (2)副会長は会長が選任し、会長に支障がある場合はその任務を代行する。 

      (3)理事長は会長が選任し、会長・副会長を補佐し、本会を運営する。 

      (4)副理事長は会長の承認を得て理事長が選任し、理事長に支障がある場合は

その任務を代行する。

       (5)理事は会長・副会長・理事長・副理事長が、会員の地区別・年令別・性別を勘案

して協議・選任し、理事長・副理事長を補佐し本会の運営に当たる。

       (6)幹事(会計)は総会において選出し、会計事務を担当する。  

       (7)会計監査は会長・副会長・理事長・副理事長が協議・選任し、本会の会計を監査

する。

(役員の任期)

第7条  役員の任期は就任後2ケ年(最後の定期総会終結時)とし、再任を妨げない。但し、

増員または欠員の補充として選任された役員の任期は他の役員の残任期間と

同一とする。

第四章  会議 

(会議)

第8条  本会の会議は、総会・役員会とする。 

(総会)

第9条  定期総会は会長が招集し、その議長となり、年1回開催して、決算・予算・事業計画等を行い、役員改選時においては、会長・幹事(会計)の選出を行う。これらの承認事項は出席会員の過半数の同意を得て、これを決するものとする。 但し、会長又は役員会が必要と認めた場合は、臨時総会を開催する事が出来る。

(役員会)

第10条 役員会は必要に応じて会長又は理事長が招集し、具体的運営方針を討議・決定する。

第五章  事務局

(事務局)

第11条 理事長は役員会での具体的運営方針の決定を円滑に推進するため、事務局を設置する。事務局の役員については、会長の承認を得て理事長が選任する。

第六章  会計

(会費)

第12条 会員は別に定める細則により会費を本会に納入するものとする。

(会計年度)

第13条 本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第七章  規約

  (規約の改廃)

 第14条 本会の規約の改廃については、総会における過半数の決議による。

付則

付則1 本会の運営は本規約による他、別に定める細則による。

付則2 (1)この規約は平成7年6月1日より施行

      (2)平成11年4月1日施行(一部改正)

      (3)平成13年4月1日施行(一部改正)

(4)平成14年4月1日施行(一部改正)

(5)平成20年4月1日施行(一部改正)

(6)平成21年4月1日施行(一部改正)

(7)平成22年4月1日施行(一部改正)

(8)平成24年4月1日施行(一部改正)

(9)平成28年4月1日施行(一部改正) 以上

 規約細則

(年会費)

細則 1 年会費は2,500円とする。但し平成29年度からとする。年度途中の入会者の減免はしない。

休会を申し出た場合、その年の年会費は免除する。但し、機関誌、資料等は送付しない。2年目以降休会の場合は毎年届け出を提出する。休会者が復会する場合は届け出を提出する。年度途中の復会の減免はしない。又退会者は未納年分の年会費を納入して復会することができる。

  (慶弔に関する事項)

細則 2 本会員の死去に限り、会長名で弔電を打つ。